けんぽからのお知らせ

事業主及び被保険者等にかかる押印の廃止について

2021/02/15

政府の進める「規制改革実施計画」に基づき、押印を求める手続きの見直し等にかかる省令が公布され、適用届書及び保険給付申請書等への事業主及び被保険者等の押印が不要となりました。

同時に、組合等が独自に定める各種様式についても、押印の廃止が要請されています。

押印が不要となる届書等について下記のとおり整理しましたので、届書作成の際の参考としていただきますようお願いします。

 

 

1.健康保険法施行規則の一部改正に伴い押印が不要となる届書等

次の届書等については事業主、社会保険労務士及び被保険者等の押印を不要とします。

なお、この取り扱いは紙媒体による届出にかかるもので、電子申請においては引き続き電子証明書や社会保険労務士の提出代行に関する証明書の添付が必要となります。

 

【適用関係届書】

  • 被保険者資格取得届
  • 被保険者資格喪失届
  • 被保険者報酬月額算定基礎届
  • 被保険者報酬月額変更届
  • 被保険者賞与支払届
  • 被保険者氏名変更届

 

【保険給付申請書】

  • 移送費支給申請書(医師又は歯科医師の押印も不要)
  • 傷病手当金支給申請書(医師又は歯科医師の押印も不要)
  • 出産手当金支給申請書(医師又は助産師の押印も不要)
  • 特定疾病療養受療証交付申請書(医師又は歯科医師の押印も不要)

 

2.「1.」に伴い押印が不要となる組合独自様式の届書等の取り扱い

その他の適用関係届書(被扶養者(異動)届、各種再交付申請書、各種変更届等)、保険給付申請書・請求書及び健康管理事業関係届書(健診費用補助金請求書等)等、当健康保険組合の独自様式による届書等についても、原則として事業主、社会保険労務士、被保険者の押印を不要とします。

 

3.引き続き押印が必要となる届書等

  • 保険給付費等の受け取り代理にかかる「委任状欄」(*)
  • 「口座振替(変更)依頼書」における「金融機関登録印」
  • 相続や他組織への保険給付関係照会にかかる個人の「同意書」
  • 保険料納付や「第三者行為による傷病届」等にかかる個人の「誓約書」
  • 健康管理事業にかかる事業主の「同意書」、「誓約書」

 

*本通知以後の初回申請受付に限り必要とします(傷病手当金、高額療養費等、連続する申請の2回目以降、受任者が同一の場合は押印不要とします)。

 

4.申請書等の様式

㊞欄を削除した新様式の届書等は、現在の様式を修正のうえ、順次ホームページに掲載を予定していますが、当面、現在使用している届書等を継続して使用いただきますので、㊞の記載があっても押印は不要とします。

 

5.施行日

令和2年12月25日

 

  • 今回の取り扱い変更により、押印を妨げるものではありません。
  • 届書等の記入内容や訂正内容等について、記入者に確認を取らせていただいた後に処理させていただくことがあります。

 

 

 

<お問い合わせ先>

【適用届書・給付申請書関係】

本  部 業務部 03(3866)2865

多摩支部 業務課 042(521)6611

 

【健康管理事業届書関係】

本部 健康管理部 03(3866)2869