けんぽからのお知らせ

【情報提供】紹介状なしで受診する場合等の「特別の料金」の見直しについて(厚生労働省)

2022/09/27

令和4年度診療報酬改定より、紹介状なしで受診する患者から徴収する「特別の料金」について、制度の見直しが行われました。

今般の見直しは、令和2年12月に閣議決定された「全世代型社会保障改革の方針」をふまえ、紹介状なしで受診する患者等から定額負担を徴収する責務がある医療機関の対象範囲を見直すとともに、その診療に係る保険給付範囲及び定額負担の額等を見直すものとなっています。

 

令和4年10月1日より、紹介状なしで一定規模以上の病院を受診する場合等にかかる「特別の料金」を徴収する対象医療機関が拡大されるとともに、その金額が増額されます。

 

例:「特別の料金」が現在5,000円の場合は、約2,000円が増額となり、7,000円以上となります。

※「特別の料金」は消費税の対象となります。対象医療機関においては、消費税分を含めて上記の額以上を徴収されます。

 

なお、患者から徴収する「特別の料金」は増額されますが、医療機関に対しての保険給付から一定額を差し引くこととされています。

 

厚生労働省ホームページ

当該制度のリーフレットはこちら