東京金属事業健康保険組合

東京金属事業健康保険組合

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小

健診(がん検診)補助金

支給対象者

補助金制度は、原則として当組合が直接健診を実施することが困難な国内の遠隔地域(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県以外の地域)の事業所に勤務する被保険者に対して、事業主が事業主健診(労働安全衛生規則第44条「定期健康診断」の検査項目)の上乗せ健診(付加健診)として以下のがん検診項目を実施した場合に、組合の疾病予防事業の一環としてその費用に補助金を支給するものです。

  • ※健診補助金は、同一年度内1人1回限り支給します。

対象となる検査項目

  • 胃部がん検診
  • 大腸がん検診
  • 乳房がん検診
  • 子宮がん検診

支給金額

被保険者
胃部がん検診 3,940円
大腸がん検診 980円
乳房がん検診 3,570円
子宮がん検診 3,330円
  • ※支給金額には消費税を含みます。

支給対象期間

毎年4月1日から翌年3月31日までの健診分を対象とします。

請求期限

各年度の請求は、年度末の3月31日までに当組合が受理したものに限ります。(3月31日が土・日曜日の場合は、直後の月曜日)

提出書類

  1. 健診(がん検診)費用補助金請求書
  2. 健康診断個人票(写)……健診機関発行のものに保険証の記号・番号を記入のうえ、番号順に整理して提出してください。(健康診断個人票は予め受診者の同意を得て送付してください)
  3. 支払った費用にかかる領収書(明細および押印のあるもの。写も可。)

請求についての注意事項

  1. ご提出いただいた健康診断個人票や領収書等は、事務処理後の返却はいたしませんので、必要に応じて(写)で請求してください。
  2. 健康診断個人票は、検査項目ごとに数値や所見および判定が記入されたものが必要となります。
  3. 領収書は、検査項目ごとに金額の明細が記入されているものが必要となります。
  4. 検査費用にかかる二次検査費用・書類送料等は補助金支給の対象となりません。
  5. 健康診断個人票を組合へ送付する際は、個人情報保護のため受診者の同意のうえ送付してください。

ページ先頭へ戻る