東京金属事業健康保険組合

東京金属事業健康保険組合

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小

正しい歯磨きでむし歯予防

監修 ■ すけの歯科院長 祐野 周三

むし歯はこうしてできる

 むし歯の主犯は、口の中にいるむし歯菌です。むし歯菌は、まず、食べ物に含まれる砂糖をとり込んでグルカンというネバネバ物質をつくり、歯にベタッと張りつきます。そこにさまざまな細菌の集まったものが、むし歯の原因であるプラーク(歯垢)。歯につく白っぽい汚れのようなものが、そのプラークです。

 プラークが歯についた状態で口の中に砂糖が入ると、砂糖をエサにしてプラークの中のむし歯菌が増殖し、酸をつくりだします。この酸によって歯が溶けはじめた状態がむし歯です。プラークは、時間がたつと歯磨きではとれなくなります。また、一度できてしまったむし歯は自然に治ることはなく、穴があき悪化していきます。むし歯を予防するためには、プラークをつくらないこと、すぐに取り除くことが大切です。

歯磨きは力より時間をかけて

 むし歯予防でもっとも大切なのは、歯磨きです。正しい歯磨きの基本は、歯肉を痛めずにプラークを取り除くこと。力をかけず、時間をかけて磨くことがポイントになります。歯ブラシの毛先が届かない歯と歯のすき間などは、デンタルフロスや歯間ブラシを使ってプラークを取り除きましょう。

 また、フッ素の利用もむし歯予防に効果があります。歯医者さんで歯に直接フッ素を塗布してもらったり、フッ素入り歯磨き剤で歯を磨いていると、歯の質が強化されて酸に溶けにくくなり、穴があく前の初期むし歯の修復(再石灰化)も促されます。

ページ先頭へ戻る