健康保険組合のご案内
金属けんぽの付加給付

金属けんぽでは、法律に定められた高額療養費の給付に加えて独自の給付を行っています。

一部負担還元金・訪問看護療養費付加金
家族療養費付加金・合算高額療養費付加金

■70歳未満

医療機関別、入院・外来(調剤薬局含む)別、1人・1カ月を単位に、それぞれの自己負担額から下記の金額を控除した額を支給(高額療養費の支給があるときはその額も控除)

区分(標準報酬⽉額) ⾃⼰負担限度額
83万円以上 101,000円 +(医療費-337,000円)×1%
53〜79万円 67,000円 +(医療費-223,000円)×1%
28〜50万円 30,000円 +(医療費-100,000円)×1%
26万円以下 23,000円
低所得者 14,000円
  • ※低所得者とは、市町村⺠税⾮課税等である⽅をいいます。
  • ※算出額10円未満は切り捨て、500円未満は不⽀給。
  • ※診療報酬額明細書(レセプト)1件ごとに計算。

■70~75歳未満(高齢受給者)

1カ⽉の⾃⼰負担額から下記の⾦額を控除した額を⽀給

区分 ⾃⼰負担限度額
個⼈単位(外来) 世帯単位(⼊院含む)
現役並み所得者 30,000円 30,000円 +(医療費-150,000円)×1%
⼀  般 23,000円 23,000円
低所得者 14,000円 14,000円
  • ※現役並み所得者とは、診療⽉の標準報酬⽉額が28万円以上の⽅をいいます。
  • ※⼀般とは、診療⽉の標準報酬⽉額が26万円以下の⽅をいいます。
  • ※低所得者とは、市町村⺠税⾮課税等である⽅をいいます。
  • ※算出額10円未満は切り捨て、500円未満は不⽀給。
  • ※診療報酬明細書(レセプト)1件ごとに計算。

出産をしたとき

 被保険者が出産したときは出産費の補助として「出産育児⼀時⾦」が、被扶養者には「家族出産育児⼀時⾦」が⽀給されます(妊娠4カ⽉以後の出産・死産・流産が対象)。

◎被保険者が出産したとき(1児につき)

  • □出産育児⼀時⾦
    420,000円※
  • □出産育児⼀時⾦付加⾦
    52,000円

※資格喪失後(引き続き1年以上被保険者だった人)6ヵ月以内の出産の場合は付加金はありません。

◎被扶養者が出産したとき(1児につき)

  • □家族出産育児⼀時⾦
    420,000円※

※妊娠22週未満の出産または産科医療保障制度に加⼊していない医療機関等で出産した場合などは、404,000円となります。

死亡したとき

 被保険者が死亡したときは「埋葬料(費)」、被扶養者が死亡したときは「家族埋葬料」が⽀給されます。

◎被保険者が死亡したとき

 ⽣計維持関係があって埋葬を⾏った家族等に「埋葬料」が⽀給されます。

  • □埋葬料(費)
    50,000円※
  • □埋葬料付加⾦
    50,000円

※死亡した被保険者に家族がいない場合でも、埋葬を⾏った⽅に「埋葬料(50,000円)」を限度とする実費が「埋葬費」として⽀給されます(付加⾦はありません)。

◎被扶養者が死亡したとき

 被扶養者となっている家族が死亡したとき、被保険者に「家族埋葬料」が⽀給されます。

  • □家族埋葬料
    50,000円
  • □家族埋葬料付加⾦
    15,000円