健康保険の給付・保険証のことなど
家族の加入について

健康保険では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族にも保険給付を行います。この家族のことを「被扶養者」といいます。被扶養者として認定されるためには、「家族の範囲」と「収入」について一定の条件を満たしている必要があります。



  • ※被扶養者の認定にかかる「国内居住要件」(令和2年4月1日施行)についてはこちら
  • Point

    • 被扶養者となるためには、健康保険組合の認定を受けなければなりません。
    • 被扶養者の異動があった場合は、5日以内に届出をしてください。

    家族の範囲

    被扶養者となれる家族の範囲は、三親等内の親族と決められています。さらに、同居・別居により、条件が異なります。

    ※平成28年10月1日より、兄姉の認定条件について、「同居」の条件がなくなりました。

    Point

    • 被扶養者となるためには、「主として被保険者の収入によって生活していること」が必要です。

    収入の基準

    同居している場合 別居している場合
    対象者の年収が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、被保険者の収入の2分の1未満であること 対象者の年収が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、かつ、その額が被保険者からの仕送額より少ないこと

    被扶養者の異動(変更)があったら

    結婚や出産などにより被扶養者が増えたときや、就職や別居、死亡などで、それまで被扶養者に認定されていた家族が被扶養者の認定基準を満たさなくなった場合は手続きが必要です。なお、当組合では毎年、被扶養者資格の再確認を行っています。

    手続き

    家族を加入させるとき

    必要書類

    認定のための添付書類

    ※詳しくは当組合までお問い合わせください。

    提出期限 事由発生から5日以内
    対象者 結婚・出産などにより扶養する家族が増えた被保険者
    お問い合わせ先 本  部:業務部業務第一課・第二課 TEL 03(3866)2865
    多摩支部:業務課 TEL 042(521)6611

    家族が加入からはずれるとき

    必要書類
    【添付書類】
    • 保険証(該当する被扶養者のもの)
      (交付されている場合)
    • 高齢受給者証
    • 限度額適用認定証
    • 特定疾病療養受療証
    提出期限 事由発生から5日以内
    対象者 【以下のような事由に当てはまる被扶養者がいる被保険者】
    • 就職・別居・死亡などにより被扶養者として該当しなくなった
    • 収入が増えて、被扶養者の認定条件を満たさなくなった
    • 仕送りをやめて生計維持関係がなくなった
    • 75歳になり後期高齢者医療制度に該当したとき
    お問い合わせ先 本  部:業務部業務第一課・第二課 TEL 03(3866)2865
    多摩支部:業務課 TEL 042(521)6611