健康保険の給付・保険証のことなど
70歳以上の高齢者は所得により負担割合が異なります

70歳以上の高齢者は
所得により負担割合が
異なります

70歳~74歳の方を高齢受給者といい、一部負担金の割合(2割~3割)が明記された高齢受給者証が被保険者と被扶養者にそれぞれ交付されます。

診療を受ける際は、保険証のほかに高齢受給者証も提出し、高齢受給者証に明記された負担割合により負担します。所得が変われば、負担割合が変わる場合もあります。
なお、75歳になると後期高齢者医療の被保険者となり、健康保険の被保険者(その被扶養者)の資格を喪失します。

70歳~74歳の高齢受給者の負担割合

現役並み所得者とは

標準報酬月額が28万円以上の70歳以上の被保険者とその70歳以上の被扶養者をいいます。ただし、70歳以上の被保険者と70歳以上の被扶養者の前年度(医療を受けた月が1月から8月の場合は、前々年度)の収入の合計額が以下のような場合には、申請により一般所得者となります。
70歳以上の被保険者の年収+70歳以上の被扶養者の年収<520万円
70歳以上の被保険者の年収(70歳以上の被扶養者がいない)<383万円

入院したとき

70歳~74歳の高齢受給者が入院したときは、食事療養に要する標準負担額(1日3食1,080円を限度に1食につき360円)も負担します。また、療養病床に長期に入院する場合は、食費と居住費の標準負担額として1日1,750円を負担します。